HOTEL ANTEROOM KYOTO

HOTEL ANTEROOM KYOTO | ホテル アンテルーム 京都

7Aketacho Higashi-Kujo Minami-Ku Kyoto Japan
info@hotel-anteroom.com
TEL 075-681-5656

Exhibition

『DAYDREAM with GRAVITY』展 

2014年11月29日(土) - 2015年1月11日(日)
オープニングパーティ:2014年11月29日(土)19:00-21:00
  • 板垣賢司2010 へび インクジェットプリント_650X420
    板垣賢司
    「へび」
    2010
    インクジェットプリント 
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    大塚朝子
    「Doll's Dreaming and Awakening」
    2014
    インクジェットプリント
  • Teppei KANEUJI
    金氏徹平
    「見えない場所の神話(ケンタウロス #3, タイガーマスク, マーメイド)」
    2012
    木彫りの置物
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    西上翔平
    「IC (integrated circle)_1」
    2013
    合板
  • 原田拓哉_650X420
    原田拓哉
    「untitled」
    2013
    wood,watercolor,plaster
  • 1.森千裕_650X420
    森千裕
    「アクシデンツ(ダムと新宿)」
    2012
    インクジェットプリント 木製パネルにマウント
  • 2.横山裕一「アイスランド」より2013-2014_650X420
    横山裕一
    「アイスランド」より
    2013-2014
  • 会場風景_1
    『DAYDREAM with GRAVITY』2014年 展示風景、ホテル アンテルーム 京都
    撮影:山路卓
  • 会場風景2
    『DAYDREAM with GRAVITY』2014年 展示風景、ホテル アンテルーム 京都
    撮影:山路卓
  • 会場風景3
    『DAYDREAM with GRAVITY』2014年 展示風景、ホテル アンテルーム 京都
    撮影:山路卓
  • 会場風景4
    『DAYDREAM with GRAVITY』2014年 展示風景、ホテル アンテルーム 京都
    撮影:山路卓
  • 会場風景5
    『DAYDREAM with GRAVITY』2014年 展示風景、ホテル アンテルーム 京都
    撮影:山路卓
  • 会場風景6
    『DAYDREAM with GRAVITY』2014年 展示風景、ホテル アンテルーム 京都
    撮影:山路卓
  • 会場風景7
    『DAYDREAM with GRAVITY』2014年 展示風景、ホテル アンテルーム 京都
    撮影:山路卓

この度、ホテルアンテルーム京都では、2014年11月29日(土)から2015年1月11日(日)まで京都を拠点に活動する美術家、金氏徹平氏による企画『DAYDREAM with GRAVITY』展を開催いたします。横浜美術館での個展『溶け出す都市、空白の森』(2009)をはじめ、国内外の美術館やギャラリーでの作品発表の他、舞台美術やアーティスト、ミュージシャンとの企画も多く手がけている金氏氏。本年秋に「京都国際舞台芸術祭」公式プログラムとして開催した個展『四角い液体、メタリックなメモリー』では、様々なパフォーマーを迎え、変容する展覧会が注目を集めました。

「言い換え得れば、生々しく生き生きとしたフィクション、儚く交換可能な現実。
(もしくは生々しく生き生きとした現実、儚く交換可能なフィクション。(あるいはそれらの区別の反転そのものや無効化。))
さらに言い換えれば、情報化社会のシュールレアリズム、寝室のアースワーク、ファンシーなもの派、原始人のポップアートのような、、、、」
―金氏徹平

本展は、金氏自身が現在、表現として最も重要だと考えている、物理現象、物質感、身体感覚などを伴うフィクションなどを扱う、7名の作家によるグループ展です。様々なメディアを用い、領域を横断する彼らの世界観は、ホテルという非日常とアパートメントという日常が混在する「アンテルーム(待合室)」という場所で、予期せぬ出合いを生むことになるでしょう。

是非、ご高覧くださいませ。

PressRelease_DwG

『DAYDREAM with GRAVITY』展
会期:2014年11月29日(土) – 2015年1月11日(日)
*12月16日(火)は館内工事のため、15時以降の開廊とさせていただきます。
レセプション:2014年11月29日(土)19:00-21:00
参加作家: 板垣賢司、大塚朝子、金氏徹平、西上翔平、原田拓哉、森千裕、横山裕一
企画: 金氏徹平
主催:HOTEL ANTEROOM KYOTO
会場:ホテル アンテルーム 京都 l GALLERY9.5 (担当:上田)
www.hotel-anteroom.com
〒601-8044 京都市南区東九条明田町7番
営業時間:12:00-19:00 無休
TEL: 075-681-5656 email: g-info@hotel-anteroom.com

作家プロフィール

板垣賢司|Kenji ITAGAKI
美術家
1979 年、大阪府生まれ。東京造形大学形象表現科卒業。主なグループ展に、「VIDEO KILLED THE PAINTING STAR」(2007 年、CCA、イギリス)、「BROKEN」(2008 年、 TIME & STYLE、東京)、
「Mr.FREEDOM X」(2009 年、南千住)、「ULTRA002 Booth of Haruka Ito」(2009 年、スパイラル、青山)、「”Urban Spirits” G-tokyo2010 Shugo Arts ブース」、「NEW WORLD」「知性」(2010 年、island、千葉) などがある。

大塚 朝子| Asako Otsuka
1984年 兵庫県神戸市生まれ。 | 2006年 京都市立芸術大学彫刻専攻卒業 | 2008年 京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了。近年の主な活動に、2012年「六甲ミーツアート芸術散歩2012(六甲山カンツリーハウス)2013年「What(n)ever」コーポ北加賀屋(大阪)2014年「雲の建物」Q2(神戸)、「Your ghost is fine」Gallery @KCUAなど。
http://asako-otsuka.jimdo.com/

金氏徹平 | Teppei KANEUJI 
1978 年京都府生まれ。個展「溶け出す都市、空白の森」(2009、横浜美術館)など国内での発表のほか、海外での個展や企画展も多数。近年では、シンガポールビエンナーレ2011、北京での個展「Towering Something」(2013、ユーレンス現代美術センター)など。また、2011 年『家電のように解り合えない』(作・演出:岡田利規、出演:森山開次)、2013 年、ARICA+ 金氏徹平『しあわせな日々』(あいちトリエンナーレ2013 にて初演)にて舞台美術を手がける。
teppeikaneuji.com

西上 翔平 | Shohei NISHIGAMI
1981年生まれ。2008年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。 近年の主な活動に、2013年「What(n)ever」コーポ北加賀屋(大阪)、2014年「雲の建物」Q2(神戸)など。
http://shohei-nishigami.jimdo.com

原田拓哉|Takuya HARADA
1981年生まれ。京都嵯峨芸術短期大学卒業。主な展覧会に、2008年「one room3」(元立誠小学校)、2007年「Uchu」(gallery Den 58)、2013年「What(n)ever」コーポ北加賀屋(大阪)がある。

森千裕|Chihiro MORI
美術家
1978 年大阪府生まれ。東京を拠点に活動。2005 年京都市立芸術大学大学院修士課程美術研究科絵画専攻修了。主なグループ展に「ALLLOOKSAME ?/ TUTTTUGUALE ?: Arte Cina Giappone Corea Art」(2006 年、サンドレット・レ・レバウデンゴ財団、トリノ、イタリア)、「夏への扉- マイクロポップの時代」(2007 年、水戸現代芸術館)、「絵画の庭─ゼ ロ年代日本の地平から」(2010 年、国立国際美術館)、「VOCA 展」(2011 年、上野の森美術館)、「六本木クロッシング2013」(2013 年、森美術館)がある。
chihiromori.com

横山裕一|Yuichi YOKOYAMA
マンガ家/美術家
1967 年生まれ。東京を拠点に活動。武蔵野美術大学油絵科卒業後、漫画家として活動し、2004 年に『ニュー土木』で単行本デビュー。『トラベル』(2006 年)『ベビーブーム』(2009 年)などの国内外での単行本の刊行と並行して、個展「横山裕一ネオ漫画の全記録:わたしは時間を描いている」(2010 年、川崎市民ミュージアム)、あいちトリエンナーレ2013 をはじめ多数の美術館やギャラリーでの展覧会に参加。

日程 日数
人数 部屋  
Page top