HOTEL ANTEROOM KYOTO

HOTEL ANTEROOM KYOTO | ホテル アンテルーム 京都

7Aketacho Higashi-Kujo Minami-Ku Kyoto Japan
info@hotel-anteroom.com
TEL 075-681-5656

HOTEL ANTEROOM KYOTO | SANDWICH | 名和晃平
リニューアルオープン | 特別内覧会のお知らせ

2016年7月吉日 UDS株式会社

SANDWICH |名和晃平がアートディレクションを手がける「ホテル アンテルーム 京都」が、この度、新たなコンセプトと共に67室が増室。2016年7月14日、リニューアルオープン致します。
 
「京都のアート & カルチャーの今」を発信するアンテルームは、客室の展示作品がフレッシュな状態で入れ替わる「365日アートフェア」を新たなテーマに加えました。日本の最先端を走る美術家・クリエイターら8組による「コンセプトルーム」、そして、アーティスト・イン・レジデンスのプログラムと連動する「スタジオルーム」を提供致します。
参加アーティストは、名和晃平、蜷川実花、ヤノベケンジ、金氏徹平、宮永愛子ら他、計70組余りの作家陣。客室、共有スペースを含め、館内全体で200以上もの作品をご覧頂けます。
7月22日(金)に開催される内覧会では、特別に新館全室を開放、自由にお回りいただくことができます。当日はリニューアルオープンを記念したレセプションに加え、モデレーターに五十嵐太郎氏( 建築評論家)を迎え、SANDWICH 名和晃平( 彫刻家)と UDS 中原典人( 建築家・インテリアデザイナー) によるトークイベントも開催致します。皆様是非この機会にご高覧下さい。
※当イベントは「ULTRA x ANTEROOM exhibition 2016」との合同レセプションパーティーとなります。

開催概要

アンテルーム増床リニューアルオープン &「 ULTRA x ANTEROOM exhibition 2016」特別内覧会 + レセプションパーティー

日時:
2016年 7月22 日(金)
内覧会 16:00 – 18:00 / トーク 19:00 – 20:15 / レセプション 20:15 -
トーク登壇者:
名和晃平(彫刻家)、中原典人(建築家)
モデレーター:
五十嵐太郎氏(建築評論家)
会場:
ホテルアンテルーム京都(京都府京都市南区東九条明田町7)075-681-5656 ( ホテル代表)

ANTEROOM × SANDWICH「365 日アートフェア」

今回のリニューアルでは、新たに67室を増室し、SANDWICHのアートディレクションのもと「365日アートフェア」というコンセプトが加わりました。この革新的な試みには、世界的に活躍するアーティスト、若手アーティストに加え、アルトテックやギャラリーノマルといった多彩な顔ぶれも賛同、70組余りのアーティストによる200点以上もの作品が、客室、パブリックスペースなど、館内の至るところに展示されます。作品は購入することもでき、展示作品は新陳代謝のように常にフレッシュな状態で入れ替わります。

Left to Right: ©DAISY BALLOON, ©yuma takahashi, ©kaya morishita, ©teppei kaneuji, ©mika shinagawa, ©chiaki minato, ©arisa kumagai, ©masahiro masuda, ©alina zhdanova, ©kengo kito,©ayaka mori, ©atsushi hashimoto, ©asako unno, ©aiko miyanaga, Courtesy of Mizuma Art Gallery, ©osage, ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery, ©tetsuhiko yoshikawa, ©taishi hatayama, ©kento kimura

ANTEROOM × ARTISTSコンセプトルーム

今回、館内全ての部屋にバラエティに富んだアーティストによる新たなアート作品が展示されます。中でも8 つのコンセプトルームでは、名和晃平、蜷川実花、ヤノベケンジ、金氏徹平、宮永愛子らが手がける空間が展開され、それぞれ独自の世界観とともに新たな滞在を提供してゆきます。

  • 蜷川実花 ROOMイメージ

  • 名和晃平 ROOMイメージ

  • 金氏徹平 ROOMイメージ

  • ヤノベケンジ ROOMイメージ

  • 宇加治志帆 ROOMイメージ

スタジオルーム

ホテル内に新設したアトリエは、ホテルに併設するアパートメントと連動し、アーティストが京都で滞在し、制作をする拠点となります。ここで生み出される作品は客室にも展示され、ゲストの方々はアーティストの生み出すリアルタイムの躍動感を持つ作品と共にご宿泊頂くことが出来ます。

アルトテックフロア

京都を中心に活動する若手作家作品のリース・作品のコーディネートやコミッションワークの提案、設置空間のアートディレクションなどを行なっている、ARTOTHÈQUE ( アルトテック)が5階のフロアを担当します。http://artotheque.jp/

ARTISTS

bonna nezze kaartz, DAISAK, DAISY BALLOON, IBUSHI-GIN(BAKIBAKI+井上雅博), umagusuku, osage, アルトテック(留岡愛子, 藤岡美代, 岡田啓伸, 大河原光, 中村萌, 高木智子, 能條雅由, 畠山元成, 面高慧, 香月美菜, 前端紗季, 中小路萌美, 顧剣了), 石黒健一, 石塚源太, 井上裕葵, イノグチ シマ, 今西真也, 井村一登, 宇加治志帆, 海野麻子, 大西一裕, 小笠原周, 表良樹, 金氏徹平, 木地彩, 鬼頭健吾, 木村健人, 木村舜, 金光男, ギャラリーノマル, 熊谷亜莉沙, 黒川彰宣, 児玉真人, 小宮太郎, 小牟田悠介, 鮫島ゆい, ジダーノワ アリーナ, 品川美香, 神馬啓佑, 高石優真, 竹内義博, 竹岡雄二, 田邊真弓, 田村琢郎, 東條由佳, 富田直樹, 中島あずさ, 中西信洋, 名和晃平, 西條茜, 西村有未, 蜷川実花, 橋本敦史, 畑山太志, 原田和, 東田幸, 平松実紗, 福井安紀, 藤崎了一, 藤本博久, 古田充, 増田将大, 松見拓也, 前端紗季, 水谷昌人, 宮永亮, 湊智瑛, 宮永愛子, 村田宗一郎, 森下茅, 守屋友樹, 森彩華, 矢津吉隆, ヤノベケンジ, 大和美緒, 𠮷川哲彦, 渡辺雅絵, など。

  • 名和晃平 / 彫刻家

    SANDWICH Inc. 代表、京都造形芸術大学大学院芸術研究科教授。独自の概念 “PixCell” を機軸に、様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を広げている。

  • 蜷川実花 / 写真家・映画監督

    木村伊兵衛写真賞ほか受賞。映画『さくらん』『ヘルタースケルター』監督。2008年「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回、のべ18万人を動員。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事。

  • ヤノベケンジ / 現代美術家

    ユーモラスな形態に社会的メッセージを込めた作品は国内外で評価が高い。2016年7月より高松市美術館で大規模な個展「シネマタイズ」を開催。

  • 金氏徹平 / 美術家

    プラスチック製品やおもちゃ、雑誌の切り抜き、シールなど身の回りにあるものを素材に、コラージュ的手法で制作を行う。7月に個展「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」を丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催。

  • 宮永愛子 / 美術家

    日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩を使ったインスタレーションなど気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。2013年「日産アートアワード」初代グランプリ受賞。

  • IBUSHI-GIN / 画家・表具師

    大胆且つ繊細なラインが特徴的なストリートアーティストBAKIBAKIと、伝統に裏打ちされた技術が定評のある表具師の井上雅博によるユニット。

  • kumagusuku / アートホステル

    2013年設立。美術家の矢津吉隆が京都で開業した宿泊型のアートスペース「KYOTO ART HOSTEL kumagusuku」を中心としたプロジェクト。美術を体験するのための空間そのものを生み出す様々なプロジェクトを展開する。

  • DAISY BALLOON / バルーンアーティスト

    世界を舞台に活躍するバルーンアーティストRie Hosokai(細貝里枝)とアートディレクター、グラフィックデザイナーのTakashi Kawada(河田孝志)からなるアーティストユニット。

  • 宇加治志帆 / 美術作家・アクセサリーデザイナー

    美術作家、アクセサリーブランド “Fool’s journey” デザイナー、また、音楽活動も行う。2006年作業療法士の国家資格を取得。「表現すること」と「生きること」との関係を模索しつつ、平面、アクセサリー、衣服等の作品を制作。

CREATIVE PLATFORM FOR CONTEMPORARY ART

SANDWICHは京都・伏見の宇治川沿いにあるサンドイッチ工場跡をリノベーションして生まれた、創作のためのプラットフォーム。アート・建築・デザインなどの異なったジャンルのクリエイターが集い、新しい表現を繰り広げています。

SANDWICH Inc.
〒612-8132 京都市伏見区向島藤ノ木町45-1
TEL&FAX 075-468-8211
E-mail office@sandwich-cpca.net
http://sandwich-cpca.net

HOTEL ANTEROOM KYOTO

HOTEL ANTEROOM KYOTOは、京都駅の南側に位置する学生寮をコンバージョンして生まれたホテル&アパートメントです。館内には、ギャラリー・朝食レストラン・バーを併設し、さまざまな活動を通じて常に変化する「京都のアート&カルチャーの今」を発信しています。

ホテル アンテルーム 京都
〒601-8044 京都市南区東九条明田町7
TEL 075-681-5656 / FAX 075-681-5655
http://www.hotel-anteroom.com
http://www.facebook.com/anteroom

on Instagram#hotel_anteroom_kyoto

トップページへ戻る

Page top