HOTEL ANTEROOM KYOTO

HOTEL ANTEROOM KYOTO | ホテル アンテルーム 京都

7Aketacho Higashi-Kujo Minami-Ku Kyoto Japan
Tel. 075-681-5656

Exhibition

Cumin Project「Little Melodies」展

会期:2013年3月16日(土)-3月31日(日)
3月16日(土) 17:30-19:00 レセプション
2013.04.08 Exhibition
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都
  • 「Cumin Project - Little Melodies」 2013年 展示風景 ホテル アンテルーム 京都

ホテル アンテルーム 京都では、2013年3月16日(土)から3月31日(日)まで、京都市立芸術大学の大学院生を中心に結成されたCumin Projectによる展覧会「Little Melodies」を開催致します。Cumin Projectはこれまで、京都市南区の小中学生を対象としたワークショップや、南区の街を舞台にしたフィールドワークを行ってきました。本展では、そうしたCumin Projectのメンバーのほか、ワークショップの講師として招聘した現代美術作家の作品を展覧します。

是非、ご高覧ください。

会場:
GALLERY9.5 l ホテル アンテルーム 京都
www.hotel-anteroom201801.theup.me
〒601-8044 京都市南区東九条明田町7 番
TEL:075-681-5656
e-mail:info@hotel-anteroom201801.theup.me(担当:上田)
営業時間:12:00-19:00
無休

企画:
Cumin Project  http://cuminproject.hotcom-web.com/
※Cumin Projectは、京都市南区役所の「みなみ力で頑張る!区民応援事業」による補助金を活用しています。

協力:
HOTEL ANTEROOM KYOTO

出品作家:
楠本孝美、小林紗世子、小牧徳満、鈴木孝平、高野友実、ニシジマ・アツシ、森川阿沙子

京都市立芸術大学の大学院生を中心に結成されたCumin Projectはこれまで、京都市南区を舞台に、小中学生を対象としたワークショップやフィールドワークを行ってきました。本展は、そうしたCumin Projectのメンバーと、ワークショップ等の講師として招聘した現代美術作家の作品を展覧するものです。
展覧会名のLittle Melodiesとは、私たちCumin Projectのスタンスを示す言葉です。私たちは南区の人々や街と関わって行く中で、そこに潜在している固有性や魅力を見つけようとしてきました。すなわち、私たちが媒介となることで、南区でしか聞くことの出来ないささやかな、しかし掛け替えのないメロディを響かせようとしてきたのです。
本展においても、そうしたスタンスは一貫しています。出品作品は一見すると多様ですが、いずれも作家自身が媒介となることで、自分たちが生きている時間や空間、あるいはその中にある身近な対象にあらためて目を向けるように促し、世界の豊かさに気づかせてくれる点で共通しています。
出品作品には、作家たちが見つけたLittle Melodyが示されていると同時に、その見つけ方が示されています。出品作品が普段とは違った風に世界に触れるよう鑑賞者を促し、鑑賞者のひとりひとりが、それぞれの生きる世界の中からLittle Melodyを見つけることが出来るようになること。本展は、そのような連関を作り出すことを目指しています。

出品作家プロフィール

楠本孝美 l KUSUMOTO Takami
京都市立芸術大学大学院美術研究科版画専攻在籍中。例えば伝言ゲームの様に、間接的な行為を通して起こるズレやブレに関心を持つ。制作プロセスを日常の中でおきる些細なエラーと同様のエラーを起こす装置として組み立て、作品を制作している。主な展覧会に、個展『赤はのいちご、あなたである。』(2011年、gallery ARTISLONG)、グループ展『科学のあとに詩をかくこと』(2013年、ギャラリー16)。

小林紗世子 l KOBAYASHI Sayoko
京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻在籍中。麻紙と膠と岩絵の具で自分ができることはなにか、できあがるものはどんなものか。全ての制作行為の根拠を常に問いながらいつか「絵画」へたどり着くために、その道筋を探求している。主な展覧会に『松田朋子∞小林紗世子 ふたり展』(2012年、ヤマモトギャラリー)、『碧い石見の芸術祭2012 全国美術大学奨学日本画展』(2012年、石正美術館ギャラリー・三隅中央会館)。

小牧徳満 l KOMAKI Nolimits
京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻在籍中。世界の豊かさを知覚する一つの方法として、「視点の移動」を意識した制作をおこなっている。主な展覧会に、『ニュイ・ブランシュ KYOTO 2012』(2012年、アンスティチュ・フランセ関西)、『Rokko Meets Art 2012』(2012年、六甲オルゴールミュージアム)、個展『PENETRATION -境界線上のせめぎ合い- 』(2012年、GALLERY301 due)。

鈴木孝平 l SUZUKI Kohei
京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻在籍中。伝聞で知ったことや記録された事物を見て分かったつもりになっていることなど、人の情報に対する経験の仕方に関心を持ち、近年はことわざや慣用的な表現をその言葉の通りに実際にやり、その様子を記録する作品などを制作している。主な展覧会に個展『FEEDBACK2010 – 2012 無意識と暗黙 -日常性の開拓に向けて-』(2012年、LABORATORY)。

高野友実 TAKANO Tomomi
京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科修了。フォトグラムの技法を応用して雨や影といった現象の痕跡をイメージとして固定する作品などを手掛けている。主な展覧会に、個展『影を拾う』(2010年、 boogaloocafe 四条店)、『雨 (New Creators Competition 2012 展覧会企画公募展)』(2012年、CCC – theCenter for Creative Communications)。

ニシジマ・アツシ l NISHIJIMA Atsushi
80年代半ばより実験音楽の制作、ライブ・エレクトロニック・ミュージックによる演奏を始める。その後、音的思考法(”音”の様々な側面を他の事物と類推して発想する)によるサウンド・オブジェやヴィジュアル作品の制作も始める。2007年から2012年までJohn Cage Countdown Event2007-2012を主宰したほか、国内外を問わず、展覧会や演奏活動を精力的に展開している。近年京都では、『ある風景の中に』展(2009年、京都芸術センター)、『足りないOのために “KYTO”』 展(2012年-2013年、TKG エディションズ京都)に出品。

森川 阿沙子 l MORIKAWA Asako
京都市立芸術大学大学院美術研究科構想設計専攻在籍中。地図上の2点を直線で結び、出来る限りその線に沿って歩こうと試みるなど、記号的な情報によってあらかじめ自らの行動を規制し、その結果をドキュメンテーションした作品を制作している。

日程 日数
人数 部屋  
Instagram
Page top