HOTEL ANTEROOM KYOTO

HOTEL ANTEROOM KYOTO | ホテル アンテルーム 京都

7Aketacho Higashi-Kujo Minami-Ku Kyoto Japan
info@hotel-anteroom.com
TEL 075-681-5656

Exhibition

MOD Alliance企画展「香港、新規的アプローチ」

会期:2017年11月14日(火)~12月3日(日)
デザイントーク&レセプションパーティー:11月18日(土)15:00~17:00(Talk)/17:00~18:00(Opening Party)
デザイントーク:11月19日(日)15:00~17:00
  • alexsiu_forweb
    ©Alex Siu
  • Edmond_forweb
    ©Edmond Wong
  • erictong_forweb
    ©Eric Tong
  • Johnnylie2_forweb
    ©Johnny Li
  • maxlam_forweb
    ©Max Lam
  • Mikoleung_forweb
    ©Niko Leung
  • pollyho_forweb
    ©Polly Ho
  • Ryanfoote_forweb
    ©Ryan Foote
  • Tonytam_forweb
    ©Tony Tam
  • Wingchan_forweb
    ©Wing Chan

香港をベースに活動するMOD Allianceは、2017年11月14日~2017年12月3日まで、アートとデザインの文化交流プログラムを主旨に、HOTEL ANTEROOM KYOTOにて、初の海外展示会を開催致します。

本展は、「新規的アプローチ」をテーマに集められた10人の香港ベースのデザイナーやアーティストを通し、香港を取り巻く多様性を背景に、古典的なデザインとは異なる彼らの大胆で独創的なアプローチやものづくりをご紹介します。

また、11月18日からの2日間、オープニングレセプションの他、京都と香港のデザインやものづくりを取り巻く背景やアプローチの違いについてのトークイベントが催されます。香港を拠点に活動する4名のデザイナーに加え、ゲストスピーカーとして「COS KYOTO」の代表であり「DESIGN WEEK KYOTO」の発起人である北林功氏をお迎えし、議論を深めていきます。

是非、ご高覧くださいませ。

【展覧会詳細】
MOD Alliance企画展「香港、新規的アプローチ」
会期:2017年11月14日(火)~12月3日(日)
デザイントーク&レセプションパーティー:11月18日(土)15:00~17:00(Talk)/17:00~18:00(Opening Party)
デザイントーク:11月19日(日)15:00~17:00 *関連イベントの詳細は追ってHPにてお知らせ致します。
会場:ホテルアンテルーム京都 GALLERY9.5(担当:上田/須山)
住所:京都府京都市南区東九条明田町7番
TEL: 075-681-5656
www.hotel-anteroom.com
主催:MOD Alliance
協力:ホテル アンテルーム 京都

【オープニングイベント】
現在、開催中のMOD Alliance企画展「香港、新規的アプローチ」オープニングイベントとして、「香港 x 日本」をテーマにトークを行います。
香港と日本の異なる文化背景がもたらすデザインアプローチの違いについて、そして、それぞれのもの作りの背景にあるストーリーと、価値観について考察しつつ、アジア社会におけるデザインやアートの環境についても議論を深めていく機会となります。
初日(18日)は、出展作家を交え、ささやかなオープニングレセプションも行います。(17:00~)。
どなたでもご参加いただけますので、是非、この機会にお立ち寄りくださいませ。

11月18日(土)
15:00~17:00(Talk):
出演:Niko Leung(陶芸家)、Johnny Li (建築家)、Max Lam(インテリアデザイナー)Wing Chan(ビジュアルアーティスト)  
聞き手:杤尾直也(to-ripple代表)ゲスト:柳原照弘(プロダクト/ 空間デザイナー)
17:00~18:00(Opening Party)

11月19日(日)
15:00~17:00 (Talk):
出演:Niko Leung(陶芸家)、Johnny Li (建築家)、Max Lam(インテリアデザイナー)Wing Chan(ビジュアルアーティスト)  
聞き手:盛 世匡(MOD Alliance /Lead Curator)ゲスト:北林 功(COS KYOTO代表/「Design Week Kyoto」ディレクター)

【PROFILE】

Alex
Alex Siu
Commune Design創立者
Alexはロンドンのミドルセックス大学でインテリア・キテクチャデザインを学び、英国と香港にてアーキテクチャとインテリアデザイン事務所で働いた 。香港に戻った後は、2007〜2010年までEDGE Design Institute事務所でインテリアデザイナーとして働いた。彼は、ホテル、商業店舗、住宅開発、サービスアパートを含む多くのプロジェクトを担当した。2010年には傑出したプロジェクトであるパシフィックコーヒー旗艦店とレストランプロジェクト『Stack』をデザインした“Wall Studio”を設立。2014年にはDesign for Asia (DFA) 賞を受賞。香港で著名な建築雑誌社主催“40 Under 40”賞にて『Stack』が評価された。2016年に、Alexはデザインコンセプトと創造的コラボレーションに特化した新しいデザイン会社“Commune Design”を設立。その提唱に基づき“Commune Design”はデザインの新しい可能性を探究するため、クライアントへの創造的な解決策を提供するために、アーティストやローカルの職人との共作活動および相互的コミュニケーションの活用に取り組んでいる。

EW_portrait
Edmond Wong
ITUM創立者
Edmond Wong は建築家兼デザイナーであり、2005年、彼の名前を称したスタジオを設立。
2014年には3DプリンティングのプロダクトブランドITUMを設立。彼の創造の取り組みは建築、インテリア、プロダクト、およびパブリックアートの分野にまたがっており、香港ヤングデザインタレント賞、パースペクティブ雑誌社主催“40 Under 40”賞 及び、ミラノサローネ・サテライトの準賞を獲得している。消費者製品における3Dプリンティング技術の活用を推進するため、世界を跨る野心的な活動によって、常に従来のツールが可能にするものを越える未来を想像することによって、3Dプリンティングは革新的な技術と素材によって、一品一品手作りで詳細に作り上げる手業では無くとも、実際に形作ることができ、未来のライフスタイルと美学を垣間見ることが出来るのである 。

Eric Tong profile picture
Eric Tong
Eravolution創立者
Eric TongはUCLバートレットの建築学校を卒業。彼は過去に建築家で有名なザハ・ハディッドと、フューチャーシステムの下で働いた。2010年にEravolutionを設立。彼のスタジオは「デザイン・アート」革新的な家具と製品デザインに特化している。彼のデビュー作品は、2010年にシェルLiveWIREのアイデア大賞を勝ち取り、2011年にOne Good Chair国際デザインコンペの大賞受賞。2014年に、パースペクティブ雑誌社主催“A&D Trophy”賞のベスト家具賞とベスト環境賞を受賞。2015年に、彼は同じくパースペクティブ雑誌社主催の“40 Under 40”賞において、昨今における最も影響を与えたデザイナーのうちの1人として賞賛された。彼の実践の中心にあるのは、研究と教育における同時係属的な試みである。彼は現在、香港デザイン学院のPEECプログラムにおいて家具デザインと、香港SPACE大学において建築を教えている。

JL_Portrait (1)
Johnny Li
New York のLI&Co創立者 及びマネージングパートナー
ジョニーはアメリカ国籍中国人としてボストンで育ち、ロードアイランド学校で建築学部と美術学部の2つの学位を取得し卒業。彼は香港のRocco建築事務所に参加する前に、国際的に有名な建築及びデザイン会社で就職。ニューヨークにてスキッドモア、オーイングス&メリル、ロンドンにてKoetterとキム&アソシエーツ・カナリーウォーフ、ウィーンにてハーマンチェコ&建築家にて経験を積みました。1998年に彼のパートナーのデイビッドギブとLI&Co.を設立。ジョニーは、様々な文化やアート、建築などを融合したデザインに興味があり、彼のデザインインスピレーションは、しばしば彼の旅行や愛好する映画、そして美術と建築の基本的な主義から得られています。

ML_portrait
Max Lam
Max Lam Designs 創立者
彼のデザイン理論における、根本的で究極のゴールは、 人々の生活スタイルを改善することと、スペースにおけるインタラクティブな関係性の向上を目指す。 生活の質とは機能性とサステナビリィーを持ったライフスタイルと美学との融合を伴った空間の創造性によって強化される 。

NL_portrait
Niko Leung
陶芸家
Nikoは技能と物語性に基づいたものづくりをする香港生まれのデザイナーである。デザインアカデミーアイントホーフェン卒業。外国に住み、学ぶことを通して、彼女はより彼女の自国の文化に注意深くなった。彼女は2010年に中国「磁器の首都」である景徳鎮でのインターンシップの道へと導かれた。オランダのデザイン教育文化においては、更に実験的、追求や表現性を掘り下げていく。
彼女は、様々な観点から物ごとを見る方法に興味がある。彼女のプロジェクトの«From This to These – Progressive Copying, 2011»においては、どれほど種々の解釈がたったひとつの人工的イメージから導かれるかが探究されている。卒業後は実用性の真価を認めはじめた。毎日の家事、料理、および日常の物たちを見ることからである。彼女はどのように機能が、美学、技能、および文化と調和できるかを理解し得るようになった。彼女は、現在、より深く技能を追求することを望み、そして同時にデザイン教育のためのカリキュラムの開発に取り組んでいる。- ブルーノムナーリによりインスパイアされる。

PH_portrait
Loom Loop
ファッションデュオ
LoomLoopはPopo HoとMelancholiandyとで作られたデザインパートナーシップである。旅行先の広州にインスパイアされて、この二人は興味深い伝統的広東布地 と遭遇した。従って、この二人は、ファッション業界において彼らの夢を達成するために、これまでの仕事を辞めることを決めた。彼らのコレクションは伝統的な広東布地の職人技と、現代の個人主義に対する近代的アプローチとの混合を内包している。それは、 洗練された遺産的広東布地を用いてこのデュオが新しいシルエットを創造した大胆さと抑制の融合である。それは、衣服縫製工場から出た残り物おデニム布地と在庫過剰セーターを活用したサステナブルなデザインアプローチである。

RF_portrait
Ryan L Foote
R.L Foote Design Studio創立者
R. L. Foote Design Studioは、インスタレーションアート、デザイナー、フードデザイナーにより設立。チーフであるR. L. Footeの経歴は多様で、アート、デザイン、フード&ドリンクデザイン、劇場、ファッション、イベントデザイン、サステナブルデザインに跨る。展示会はオーストラリアや海外で多数開催。代表作として大きなインスタレーションは、ヴィクトリア国立美術館、メルボルン連邦広場などに展示された。彼の更に使命的なアートイベントでは、食の要素を取り入れた複数のケータリング会社との連携を通して、より発展した彼自身の料理の創作性を生み出している。彼自身のユニークな食物アートイベントのためにユニークな食物とアートのミックス、著しい料理のレシピ、3Dプリンティングを用いたフード、特注の食物型、手製の平皿類などを生み出している。2016年後半に、Footeは、R.L Foote Design Studioを設立。現在、香港とメルボルンをベースに活躍している。

TT_portrait
Tony Tam
Delta Blue Audio創立者兼デザイナー
Delta Blue Audioミッションは、素材の特性を生かした反響と音響効果を利用している木製ホーン型スピーカーのNATURAL SOUND をデザインすることである。よって、基本的な構造は、球状の警笛ソリッドウッド部分と、 円錐形プロポーションの焼付けアルミニウム性のサブウーハーで構成されている。金属絞りの技術と木工旋盤のテクニックで作られた製品 は、真の伝統的な手作りの技法を持って製造工程において採用された。

09_Wing_photo_BW_CMYK_2013
Wing Chan
フォトモンタージュアート
ウィングチェンは1962年に香港で生まれ、古い九龍城の面影と共に育つ。この頃は、現代の九龍とは全く違う町であり、チェンの形成された経験は その厳しい時代に刻まれている。彼が6歳の年で、その頃にあったカイタック空港付近の製麺工場で働き始めた。しかしチェンの熱心な勤勉さは学校時代においてズバ抜けており、18歳で彼はアートの習得のため、香港を離れアメリカへと渡米した。1985年チェンにおいて、国際的に有名なカリフォルニアのパサデナにあるアートセンターカレッジを卒業し、その後はニューヨーク市において、ジョルジオ・アルマーニ、エンポリオアルマーニ、アメリカンエキスプレス銀行、及びスタンダードチャータード銀行などをクライアントに含む、彼自身のグラフィックデザイン&ブランディング会社を経営し、 商業デザインにおいて数多くの賞を受賞している。

日程 日数
人数 部屋  
Page top